有楽町マリオン

東京都千代田区有楽町二丁目に所在する複合商業施設の通称が、有楽町マリオン……


閲覧数:4278  投稿日:2011-10-27  更新日:2016-09-06

< 郵便番号 >
・100-0006

< 住所 >
・東京都千代田区有楽町2-5-1


東京都千代田区有楽町二丁目に所在する複合商業施設の通称が、有楽町マリオン。
正式名称は、有楽町センタービル。

・有楽町マリオンと聞くと、阪急と西武のイメージしかないが、Wikipediaに因ると、所有権は、朝日新聞社、東宝、松竹が持っていて、現在は3社共同出資の有楽町センタービル管理株式会社が管理している
・理由は、元々この敷地には、朝日新聞東京本社、(旧)日本劇場(日劇)、(旧)丸の内ピカデリーがあったため

▼主な施設
○有楽町阪急側
 ・阪急百貨店 ― 地下1~地上8階
 ・丸の内ピカデリー1・2(松竹が所有する映画館) ― 9階
 ・TOHOシネマズ日劇(旧日劇PLEX、日本劇場、日劇東宝、日劇プラザ) ― 9~11階

○有楽町西武側(※西武閉店につき、現在、改装中)
 ・西武百貨店 ― 地下1~地上8階
 ・丸の内ピカデリー1・2(松竹が所有する映画館) ― 9階
 ・有楽町朝日ホール(多目的ホール)、有楽町朝日ギャラリー、有楽町朝日スクエア ― 11階

< 営業時間/有楽町西武 >
・【月・火・水】午前11時30分~午後8時30分
・【木・金】午前11時30分~午後9時
・【土】午前11時~午後9時
・【日・祝】午前11時~午後8時30分

○別館
 ・西武百貨店 ― 地下2~地上4階
 ・丸の内ピカデリー3(旧丸の内プラゼール、丸の内松竹) ― 5階
 ・丸の内ルーブル(東急レクリエーションが運営・経営している映画館) ― 7階

< 竣工 >
・1984年

< 階数 >
・地上14階・地下4階

< 管理運営 >
・有楽町センタービル管理
(実務は東宝サービスセンター)

< 建築主 >
・朝日新聞社・東宝・松竹

地図




45° 画像

定点写真で振り返る。「有楽町マリオン」 の変遷

2004

2004年7月、「晴海通り」から「有楽町マリオン」下を通って「有楽町駅」へと抜ける通りを、「晴海通り」を背にして撮影
2004年7月11日16時51分。「晴海通り」から「有楽町マリオン」下を通って「有楽町駅」へと抜ける通りを、「晴海通り」を背にして撮影。向かって右側が今は無き「有楽町西武」。左側が「有楽町阪急」

2006

2006年3月、「有楽町駅」中央口付近より、「有楽町マリオン」を撮影
2006年3月30日12時44分。「有楽町駅」中央口付近より、「有楽町マリオン」を撮影。写真でみる限り、この時点でもう既に「イトシア建設予定地」における以前の建物はすべて取り壊されている。うう、なんかさみしいですねー。そう言えば、ちょうど写真の中央部分に当たる辺りに「かなり庶民的な中華料理屋」とか「焼きそばとかも食べられる立ち食いそば屋」とかあったんだけどなァー。今はもう、誰も覚えてないんだろうなァー

2007

2007年2月、「晴海通り」側より、「有楽町マリオン」を撮影
2007年2月11日15時9分。「晴海通り」側より、「有楽町マリオン」を撮影。それにしても、撮影日2月なのに空が抜けるように青いですね。もしかしたら、カメラの設定かもしれませんが…(極力自然に近い状態で撮影しているつもりなのですが…)

2009

2009年5月、「数寄屋橋交差点」の「銀座ソニービル」前より、「有楽町マリオン」を撮影
2009年5月2日16時12分。「数寄屋橋交差点」の「銀座ソニービル」前より、「有楽町マリオン」を撮影

2010

2010年5月、「新有楽町ビル」前より、「有楽町マリオン」を撮影
2010年5月5日17時46分。「新有楽町ビル」前より、「有楽町マリオン」を撮影

2011

2011年8月、「数寄屋橋交差点」より、「有楽町マリオン」を撮影
2011年8月9日15時55分。「数寄屋橋交差点」より、「有楽町マリオン」を撮影
Navigate with arrow keys